Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

おしりたんていにハマる。その5

もう終わったかとお思いだろうが、いまだ熱は冷めてないよということで、改めておしりたんてい話。

うちの職場はラジオがつけっぱなしなのだが、なんと、今朝、おしりたんていを取り上げていた!!! 

どこの局のなんという番組のなんのコーナーかはわからんが(←まるで興味なし)、何やら成長の段階で子供には肛門期というのがあり……と聞こえてきて、「むむ?」と耳をそばだてたら、子供ってホントおしりとかうんことか大好きだから、うんちドリルやおしりたんていが人気あるのもわかりますー……みたいなことをパーソナリティのおねーさんが喋っており、「おお?」とそのまま聞いていたら、なんとおしりたんていをメイントピックとして取り上げていたらしい。

「大人気のおしりたんてい、どうぞ皆さんも一度ご覧になってください」という締めの言葉に、大きく頷いた自分。

そうそう、どんどん広がれ、おしりたんてい!
日本全国総おしりたんてい化!
今年の紅白は「ぷぷっとフムっとかいけつダンス!」でひとつ!(謎)


おしりたんてい『ププッとフムッとかいけつダンス』伊勢大貴の振り付けバージョン

 

ところで話に出ていた肛門期。
いつかの回で、どうして子供はおしりやうんこに興味を示すのかと書いたが、それか。

精神分析学の分野で扱われる小児性欲の発達の第二段階に当たり、排泄時、うんこが肛門を通るときの刺激に快感を覚える時期とのこと。
発達には五つの段階がある。
順に、口唇期 → 肛門期 → 男根期 → 潜在期 → 性器期。
詳しい説明は省く。
過去に心理学を勉強してたことがあるが、そのとき教科書に出てたろうか……。
うーん、、、ピアジェの思考発達段階説は何となく覚えてるけど、これ、やったかなあ……。まあ、とりあえずここではどうでもいい。

話を元に戻すとだ、パーソナリティのおねーさんの自説なのか、又聞きなのかはよくわからなかったが、肛門期と絡んで幼児はおしりやうんこに大喜びする、おしりたんていがウケてる理由もそこにあるのではないかと。
大人になっても肛門期続いてる人いるよね、とも言っていたが(笑)。

ともあれ、これはなかなか信憑性の高い説なのではあるまいか。
一方で、既に肛門期を脱してオールトの雲に届くくらいの年齢にまで達した大人(=自分)さえも惹きつける理由としては弱い。ずっと肛門期続いてますってか。いやいや、毎日うんこ出すのに苦労してるのに、快感も何もないんだけど(謎)。

いずれにせよ、おしりたんてい熱はまだまだ続く。

 

☆B2

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.