Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

映画「ブラック・スワン」

f:id:b-kyoen:20170915165428p:plain

2010年公開のアメリカ映画。

主演のナタリー・ポートマンが本作でオスカーを手にしたことだけは知っていた映画。

サイコスリラーです。 

f:id:b-kyoen:20170915165517p:plain

純白の野心はやがて漆黒の狂気に変わる・・・

(と書いてあります ↑ )

あらすじ - yahoo 映画 – シネマトゥデイより

ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(=トマ)(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで「白鳥の湖」の新シーズン公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜擢されるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり。。。

作中、ポートマン演じるニナの表情が何度もアップで映し出され、心臓おらおらと弄んでくるものだから、途中でお手洗いに行きたくてもなかなか一時停止が押せなかった作品デス。

 

※ネタバレご注意※ 以下、映画のストーリーにも触れていますので、これからご覧になる方はご注意ください。】 

次のプリマに選ばれたニナだが、当初、芸術監督のトマには「白鳥は完璧だが黒鳥は踊れない」と思われていた。

それは技術的な問題ではなく、彼女の人柄というか、経験の無さ(?)故というか、、。彼女は周囲の仲間から”不感症の何とか”と嘲笑交じりに言われるほど生真面目で潔癖感が強く、傍から見ても黒鳥的要素が皆無の女性なのだ。

そのような「黒」と対極にある事実が彼女を追い詰め、侵蝕していくのだが、ポートマンはその過程を見事に演じ切ったと思う。将来を嘱望されたバレリーナ役としての技術についてはともかくも(よく分からないので)、外見や佇まいなど、見た目もいかにもバレリーナであった。

 

しかし、作品全体としては何となく物足りなさが残ってしまったというのが正直なところ・・・(o´・ω・)

例えば、(個人的には)なんといってもラストシーンが物足りなかった。ニナ自身を侵し突き破って発現した紅い眼の狂気の“尺”が物足りない。もっとあの狂気を見せつけて欲しかった。

それから、演出かもしれないけれど、ニナに拡大鏡をあてすぎているように感じたところも少々物足りなかった。周囲の存在感がもう少し無いと、彼女の一人相撲の感が強くなりすぎ味気無さを覚えてしまう。

他には二ナのライバルという位置付けにあったリリー(ミラ・クニス)かな。蠱惑的な風貌や独特な華やかさ、ちょっとすれた感じなんかはめちゃくちゃ良いんだけれど、如何せん(私には)バレリーナに見えなかった・・・|ω・`;)

バレリーナに見えないことが彼女の存在意義を半減させてしまうというか、ストーリーが成立しないというか、ラストの高揚感が削がれるというか、ホワイトスワンの衣装が痛かったというか、、、いろいろなところに支障をきたしてしまったかなと、、ちょっぴり残念に感じたところである。

まあでも、バレリーナ云々を度外視すれば、ミラ・クニスが醸し出す甘ったるい猥雑さは良かったし、ポートマンの役者としての厚みを感じられたところなんかも良かった(ダークなポートマンがもっと見たくなること必至である)。

あとはウィノナ・ライダーかな。大分以前どこかで万引きしたニュースを目にして以降、私の中では完全に終わった人になっていたので、まだ役者をやっているんだと何故か安堵感を覚えた。

アカデミー賞の結果を借りて締めるとすれば、主演女優賞はあげるけれど作品賞はあげないよということにある意味納得する作品であった(と思う)。

 

☆B3 |ω・`)ノ|Ю

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.