読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

「天橋立」丹後半島周遊

さて前回の旅の後半です。

天橋立」と丹後半島の伊根湾は二回目です。

山陰を巡りながら伊根湾に行った気がするのだが?

しかし、「さようなら寝台列車出雲」の旅かな?と~

舞鶴港とれとれセンターに今回も行ったのだが、以前一緒に行った人は職場の同僚だったから、山陰巡りは別グループだったのを思い出した!

色々な方達と旅巡りしたので、訳が解らなくなっている部分が多いに有るのです。

しかし二度目で有る事は変わりないし、伊根湾巡り遊覧船も同じだったし~

天橋立」の笠松公園の股のぞきも同じだったし~

以前「天橋立」は歩いたが、今回はフリーとなりホテル到着後、グループで文殊堂、廻旋橋、などは散策となった。

船橋は丁度橋が開く時で動画撮影をする事が出来た!

B2に報告したら動画撮影出来る事が驚きとバカにされる発言が有りむかついた!

ただ、動画をブログにアップ出来ないのが悲しい!!

タブレットで撮影すれば簡単なのかな、同じかな?

六月に帰国予定のB3が何日か居るのでパソコンを教えて貰うのを首を長くして待ちわびているのです。

伊根湾遊覧船に群がる海鳥の凄まじさは凄かったが面白かったです。

知床半島流氷遊覧でもかもめが群がってきたな~

f:id:b-kyoen:20170407161942j:plain

伊根湾を食事場所から撮影。

刺身がプリプリ固く美味しかったです。

f:id:b-kyoen:20170417120922j:plain

青い空と海鳥のコラボ!

f:id:b-kyoen:20170407161914j:plain

屏風岩を上から撮影、伊根湾に行く途中は崖の上を通行するので、窓外を覗くと少し怖かったが、ドライバーが若くて上手いと評判の若い人なので安心してました。

次の日は舞鶴引揚記念館を訪れました。

悲惨な戦争は御免ですね~

旅はあっと云う間に終わり、次は何処へと行かん!!

旅は非日常な空間、しかし反面それって何?と思ってしまう事も有りです~~

日々、大切にしないとね、愛しい朝を毎日迎えたいものです!!!

 

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.