読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

ベトナムのインスタント麺

f:id:b-kyoen:20161121230303j:plain

恐らくご存知の方も多いと思う麺料理、ブン・ボー・フエ。

フエの建造物群」として世界遺産にも登録されているベトナム中部フエの名物麺料理。

そういえば、今年の8月に「ブン・ボー・フエ」の商標登録・管理に関する規定が打ち出され、強制ではないのだが、申請登録していないブンボーフエを提供しているお店は、看板に「ブン・ボー・フエ (Bun Bo Hue)」の名称が書けなくなるとか(ブン・フエ(Bun Hue)などになるそうです)。外国の方がご覧になったら違いが分からないかもしれないのだが、ちゃんとロゴマークを作っているそうなので、それで見分けろってことかな(パステルブルーとパープルカラ―で「BUN BO HUE」と書かれたロゴ。原材料の品質や衛生、調理方法、辛さなどの基準をクリアしたお店が登録されることになるそうです)。

 

中身。

f:id:b-kyoen:20161121230304j:plain

作り方は日本と変わりません。

パック包装でもカップ包装でもお湯3分。

 

f:id:b-kyoen:20161121230305j:plain

※おネギとレタスを追加トッピングしています。

 

次。

f:id:b-kyoen:20161121230308j:plain

海老の春雨麺。春雨はMien、ミェン(みたいな感じの発音。間違えるとMy(ミー)といって給食のラーメン麺になる)。

 

f:id:b-kyoen:20161121230309j:plain

紫蘇追加。

これは定番。昔から美味しい。

お土産に買って帰国したら、母が意外と気に入ってくれたやつ。

 

次。

f:id:b-kyoen:20161121230306j:plain

フーティウ・スゥン・ヘオ。

豚のフーティウ(米麺の一種です)

 

f:id:b-kyoen:20161121230307j:plain

追加トッピング無し。

今回の3種類の中では、個人的にこれが一番美味しかった。

実際のフーティウと比べるとだいぶ太いかな。フォーっぽく見えますね。

 

ブン、フォー、フーティウ・・・すべて米麺なのですが、蒸す、茹でる、などなど、製法の違いがあります。

 

なかでもブンは、お米と同じぐらいよく見かける米麺。コメかブンか、という感じ。

お鍋の〆もブン。

でも、お鍋の中に入れてぐつぐつはしません。

自分の器にブンを入れて、お鍋の具を入れスープをかけて、お好みでタレを追加して食べる。これがかなり美味しくって、自分はブンばっかり食べてる派。

他の料理では、ベトナム料理で有名なチャージョー(揚げ春巻き)とも一緒に食べる。

揚げ春巻き、葉っぱ、レタス、ブンを生春巻きに巻いて、独特の甘酸っぱいタレにつけて食べる。W(ダブル)巻き巻きですね。本当に美味しいので是非。

 

さてさて、今回ご紹介したインスタント麺ですが、

自分はメーカー気にせず買ったはずなんですけれども、、、、

すべて(我らが)エースコックさんの商品でした。

ベトナム進出から約23年。ベトナムのインスタント麺市場で約6割のシェアを誇っています。

ちょっと前、コープマートという地場小売最大手のスーパーでインスタントうどんを購入しましたが、これもエースコックさんの商品でした。

その名も「ウドン・スキスキ」(b´ω`d)w

ベトナムは牛や豚、鶏などのダシが一般的で和風の魚のダシを受け入れないという声もあったそうですが、4年前に投入したそうです。

自分は大好き。海外在住の日本人の方なら、「ああこれこれ、これだよね」っていう味です💛

 

B3

 

P.S. ベトナムの地場メーカー製インスタント麺はお値段安いです。100円の麺を見た事がないぐらい。上記のはだいたい50円~60円ぐらいかな。

安すぎるとむしろ不安になりますけどね。自分が見た最安が10円なんで、60円ともなると高いほうです(´ω`d)

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.