Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

ちょっとコンビニいってこよう♪

ええ、そうです。

ちょっといってこよう圏内(=徒歩圏内)にファミリーマートがオープンした。

f:id:b-kyoen:20161119230258j:plain

 実は、近場で2店舗目。

もう一つはもっと大型な店舗だが、徒歩では厳しい場所にあるため後で行ってみようと思いつつ、まだ行っていない。

 

ということで、ちょっといってこよう圏内の方へ行ってきた。

外から見ると小規模だが、奥にはきちんとイートインコーナーも設置。レジカウンターでは(ベトナム風)おでんや揚げ物などのホットスナック、ドリンクなどが販売されており、ちょうど子供達が揚げ物を買っていた。

店内のスペースは狭いものの、コンビニエンスストアらしく食品から日用品、文具類まで置かれている。この店が近くに出来て良かった感を覚えた品目は、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、食器用洗剤、洗濯用洗剤、マヨネーズ(キューピー)、ケチャップ、牛乳、ヨーグルト、電池、かな。

残念ながら、ホーチミンのファミマで大量購入している冷凍USビーフスライス(ほぼB殿用)、冷凍ポークスライス(ほぼB殿用)、冷凍サーモン(完全にB殿用)、日本米は無かった。しかし、こまごまとした日用品などが歩いて買いに行けるのはやはり嬉しい。まさにコンビニエント。

 

f:id:b-kyoen:20161119230259j:plain

ちょこちょこと買い物をして帰宅。

 

全力で出迎えてくれるB殿。

f:id:b-kyoen:20161119230300j:plain

 

出迎え疲れたB殿。

f:id:b-kyoen:20161119230301j:plain

 

以下、本日購入したもの。お値段はしめて31万ドン。約1550円。

f:id:b-kyoen:20161119230302j:plain

 

やはりコンビニといえば、、、

じゃん💛

f:id:b-kyoen:20161119230303j:plain

コンビニのサンドイッチとおにぎり~。

コンビニのおにぎり、ホントに久しぶりだ。

明太子おにぎりは18000ドン(90円)

ミックスサンド 25000ドン(125円)

エビとタマゴのサンドイッチ(115円)

おまけのエビの握りずしは6000ドン(30円)。

 

エビ(TOM トム)の握り寿司。

f:id:b-kyoen:20161119230304j:plain

おままごとのアイテムみたい。

ほんのり酢飯、サビ抜き。おやつ的な軽さ。

 

明太子のおにぎり。

f:id:b-kyoen:20161119230305j:plain

明太子ぎっしり。

10年前の日本のコンビニのおにぎりって具が真ん中にしかなかったような気がする。今時、どこのコンビニのおにぎりもこんなに具が贅沢なんだろうか。

ところで、この街でおにぎりの需要ってあるのかね。この辺りでおにぎり知っている人っているのだろうか。

ベトナムでは人気の外国料理の1位が日本料理で、なかでも寿司が断トツの1位と言われているせいか、ままごと寿司はエビが3ピースぐらいと、カニカマ寿司が2ピースほど残っていただけだった。

(カニカマってネタになるのかって驚いたが、レストランの中には「あのカニカマ」をそのまま乗っけただけの寿司を出している店舗もある。東南アジアでは練り物が浸透しつつあり、カニカマを製造しているベトナム地場企業も増えた。味はピンキリだけど。)

ということで、ままごと寿司は品薄だったがおにぎりは結構残っていたな。

販売されていたおにぎりの中で、日本人に馴染みのある種類は明太子と昆布。個人的に一番好きな梅干しは無し。

他は当地の方のテイストに合わせたおにぎりということだろうか、こってり系がっつり系おにぎりが多かった。ツナマヨおにぎりは日本人にも馴染みがあるが、後は(たぶん)エビ揚げマヨおにぎり、(たぶん)鶏カラ揚げおにぎり、オージービーフおにぎりなどなど、揚げ物かマヨネーズか肉の三択。

こちらの方は「ごはんとおかず」をきっちり食べる方が多いし、食堂(持ち帰りOK)で買う弁当も30000ドン(150円)なんてのがあったりする。そんな皆さんにとって「米と昆布」に18000ドンとか狂気の沙汰なのかもしれん。

梅干しや明太子という具もピンと来ない方が多いだろうし。

でも、消えて欲しくないおにぎり(祈)コンビニのおにぎりがこんなに具沢山になっているなんて浦島花子は知らんかったしね。 

ちなみに久しぶりに購入したウーロン茶(ポッカ、シンガポール産、500ml)は17000ドン(85円)だった。

ポッカは2011年にサッポロHDの子会社となった後、2013年にサッポロ飲料と統合され、現在はポッカサッポロフード&ビバレッジ㈱となっているが、シンガポールにおけるポッカの歴史は長く、1977年にポッカ・コーポレーション・ジャパンとして設立されている。シンガポールでは緑茶市場シェア7割を占めているらしい。すごいね、ポッカ。

サッポロと言えば、ファミマのリーチインショーケースにはサッポロプレミアムなど数種類のビールが並んでいた。単価は、サッポロが19000ドン(95円)、タイガービールが17000ドン(85円)。バドワイザー21000ドン(105円)、ハイネケン(忘れた)、その他割愛するが断トツで高かったのはアサヒスーパードライ30000ドン(150円、でも安い)。

私が自宅用に購入しているビールはシンガポール生まれのタイガービール(1932年生まれ)。カートン買いして配達して貰っているのだが、1カートン30万ドン、1缶当たり12500ドンだ(63円)。安い!

因みにタイガービールを生み出したメーカーは、3,4年ほど前にオランダのハイネケンに買収されている。毎晩タイガーを飲んでいる私はハイネケンの売り上げに(地味に)貢献している一人であるが、ベトナムはアジアでは中国、日本に次ぐ3位、東南アジアでは第1位のビール消費国だ。

ハイネケンのアジア太平洋地域担当者は、ベトナム市場はハイネケンにとってメキシコに次いで世界で2番目の収益をもたらす市場になる可能性があると語っている。もちろん主力銘柄はタイガーである。 

サッポロがベトナムにビール工場を竣工させたのが2011年。確か、その年?の箱根駅伝のCMで頻繁に紹介されていたと記憶する。

「おうおう、ようこそベトナムへ(涙)」なんて言いながら観ていたな。

そして、実際には飲んでいないというね・・・すみません。

何故なら、サッポロビールとタイガーの違いって値段はさておき味がまったく違うのだ。

無論、たまにサッポロビールを飲むと、「ああ、これだよ、ビールのコクってこれだよ、うめー!」ってなるのだが、日常飲料としてはタイガーぐらいが丁度いいかなと思っている。タイガーやハイネケンは軽くて飲みやすい。(私が思うところの)ビールのコクっていうものは感じない。でも、こういう味がこの地ではなんか合っちゃう。

サッポロのビールが発売された当初、私はもちろん「うめー!」が第一声だったが、同時に果たしてこの味がここの人達に受け入れられるのだろうかとも思った。

高級ビールというカテゴライズもうーむという感じがした。

ちょっと高級なビールってせいぜいハイネケンで、それ以上の高級さなど、いやそもそもビールに高級とか低級とか誰も求めていないような気がした。ビールとは結局そういう飲み物なのだと思った。むしろ、高付加価値商品として糖質削減ビールなどを出した方が売れるのではないかと思ったりするが、なんかこう含有成分とかの規制とかがあるのかな(調べてないけど)。私も買いたいのだが。

まあ、サッポロは昨年の終わりだかに従来品の味をリニューアルしたり、今夏には当地の中間層をターゲットにしたお手頃な飲みやすい味のビールを新発売して頑張っている。この新ビールはまだ飲んだことがないが、、ファミマで置いてくれないかなー・・・美味しいビールを作れる企業がマーケティングをベースに生み出したビールだろうから、それは飲んでみたいし、期待大だ。

 

って、いやはやビールの話になると長くなっちゃって、、、、

ビールはさておき、、、

 

ファミマのサンドイッチに関しては以前の記事にも記したことがあるが、ミックスサンドは一口目で具がなくなった。レタスが鮮度落ちして変色していた。

エビとタマゴのサンドイッチは東南アジアテイスト仕上げ。パクチーがちみっと入っていて、ほんのりライムの風味。テイスト的にはとても美味しい💛 しかし、やはり一口目で具がなくなった。

んー、、日本のコンビニのサンドイッチってもっとボリュームあったような気がする・・・

ベトナムでサンドイッチって言ったらやっぱりこれだから、、

f:id:b-kyoen:20161119230306j:plain

こんなサンドイッチ(価格も安い)やもちもちしたフランスパン(えらい安い)を子供の頃から食べてきた人たちに、あのサンドイッチはどうかなと思うんだけどね。

ツナ缶は当地で定番の缶詰だし、卵ももちろん、ハムもレタスも手に入るのに何故あんなしょぼいサンドイッチになっちゃうのかが謎である。

 

そういえばレジでサンドイッチを温めるかと聞かれた。

おにぎりを「温めますか?」まではぎりぎり経験したことがあるが、サンドイッチは初めてだった。今時分、日本のコンビニではサンドイッチを温めるのが普通なのだろうか・・・

次回は温めてもらおうか。

 

いずれにせよ、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」が近くにオープンしてくれて、私は本当に嬉しい。ありがとう!

 

Author:B3

愛情出演:B殿

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.