読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

ワタクシも、、、③です。

そしてみんなに先を越されました。。

昨日、仕事の合間に日経オンラインにアクセスすると、トップページに「天皇陛下、生前退位の意向」の一文。ゴシック体でフォントサイズ72ぐらいの速報。 

「ええええ!?」

昨日の報道では、昨日今日の話ではなく、5年程前から宮内庁へご意向をお示しになっていらしたらしいとのこと。その後、宮内庁は報道を否定、などと出るものだから、情報錯綜している感もあったが、天皇陛下は皇室の制度や政治に関与しないという原則があることから、たとえ宮内庁に示していたとしても宮内庁サイドとしては対外的に否定せざるを得ないようである、とか。

B2も述べていた通り、天皇陛下皇后陛下の動画を拝見すると脈打つ心の鼓動が静かに穏やかになる。日本の魂と共に在るという感じ。

日本そのものとして海外に赴かれる両陛下のお姿を拝見するたび、ああ天皇制があってよかったなあと自分は思っていたが、生前退位、すなわち象徴としてのお立場を退くことが御意向であるならば、それが国民のためとお思いなのであろうと思う。B2の記事通り皇室典範で譲位の記載がない、もしくは(報道によっては)譲位を認めていないようなので要改正、また憲法には「天皇又は摂政及び国務大臣国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」とあるのでご退位後の対憲法的な立ち位置(?)は?ということも必要とか、、等々、ご退位を公式に示されたとしても時間がかかりそうだが、陛下の御意向の通りに事が運べばいいなと願う。

B3

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.