読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

雑記息抜き。

ちょこっと息抜き。

いつからかな、、ここずっと土日なし。連日仕事続き。でも、若い可愛い娘たち(スタッフ)も休日返上で働いてくれているので自分はもっと働かんと、です。

 さて、昨年から仕事の相方であるナルさんから寄せられていたものの忙しくてシカトしていたリクエストを今年果たした。それは自社のウェブサイトリニューアル。

現在のサイトは某業者に制作を依頼して作って貰ったものだが、簡単な修正以外はいちいちお金がかかる。でも、お金のかからない程度の修正など自分で出来る。でもでも、エディターでいじれる部分は決められていて、ここも直したいし、直すためにいろいろ調べて勉強するし、だから自分でいじらせてほしいというところはいじれない。有料エリアである。うまく出来ている。

そのサイトを作って頂いてから約6年ほど。世の中は、猫も杓子もと言っていいほどwordpressなどを利用して独自ドメインで自分のサイトを持つような時代になった。

6年前からそうだったのかもしれないが、自分はこの手のことに疎くてわからなかった。

うちのようなちっちゃな企業はなんでも屋。ナル殿に振り回されつつ、みんなで頑張るのである。で、6年前と比べて事業内容も若干増えちゃったし、とにかく今回は自分でいじれるサイトを作りたかった。

いろいろ調べてみたら、レンタルサーバー借りてwordpress利用すれば、年間の費用が恐ろしく安く済む。どうせウェブサイト主体の商いじゃないし、安いに越したことないじゃないか、そうしよう、と新規でレンタルサーバーを契約し、独自ドメインを移管し、wordpressの某テーマプレミアム版を購入し(39USドル)、作った。

できた、公開した。やった。はあ~、終わった。

今回お借りしたレンタルサーバーはエックスサーバーさんだが、とにかく問い合わせに対するレスがはやい。運用サイト数100万件突破と謳っておられましたが、カスタマーサポートの方が5万人は居られそうな速さです。

自分はお申し込みの時点でIPアドレスが引っかかり、オンライン上で申し込みすら出来なかったのだが、それに対する対応がまず速かった。契約後は対応が疎かになる可能性もあるのかもしれんと思っていた(って、そういうところもアルヨってどこかに書いてあった)が、変わらなかった。色々調べて調べまくったけれどホントに分からない(涙)な質問の回答も猛烈に速く猛烈に分かりやすい(最初から聞けばよかった)。

また、用意されているマニュアルも管理画面も実に分かりやすく使いやすいので、素人過ぎていろいろ分からない自信だけはあるという私のような方にはおススメのレンタルサーバーさんかもしれない。且つ、「エックスサーバーで〇〇!」といった、エックスサーバーさんサーバーにおける運用プロセスをブログ等で紹介しておられる方が非常に多く、大いに助けとなった。

この小さな場を借りてお礼申し上げます。本当に本当に×1000、ありがとうございました。

この手のことに関して助けてくれる人が周囲に居らず不安も一杯だったけれど、リニューアル前のサイト&独自ドメイン管理元の担当の方も(wordpressで自分でサイト作るんですか(驚愕)?それはまあ、、、とても、大変かもしれませんね(沈黙)って呪いの言葉を吐きつつも)非常に親切で、結局、「僕が調べてみます」といろいろ調べてくれた。私は言われた通りにやって独自ドメインの移管作業はあっという間に終わった。

あとはエックスサーバーさんでwordpressを自動インストール。

wordpressはテーマ作成者の方の取説やらvideoチュートリアルを観ながらいじる。プレミアム版になったらchild(チャイルド)=子供(子テーマ)がついてきて「何これ、何この子(謎汗)」と焦りつつ、検索しながらいろいろな記事で勉強させてもらい、スタイルシートをいじったりしながら、なんとか完成、公開。

通常業務ではない突発業務だが無事解放され、手毬寿司チャイルドを作って食べたのだった。

f:id:b-kyoen:20151205174157j:plain

そして、昨日、年末のご挨拶状を作った。とりあえず4つデザインしてナルに送った。最初の案が可愛すぎたので、可愛くないのを一つ作ったが、4つ目はまた可愛くなってしまった。。。と思ったら、ナルが選んだのはカワイイ系。

「2番がいいんじゃない?お猿さんが座ってて可愛いじゃん」

ってことで、今年のご挨拶状は可愛い系に決定(笑)

毎年、百数十枚のご挨拶状をひとりでちまちま手作りし、12月のこの時期は最後の追い込みを迎えていたが、一昨年前からEMSの宛名書きを手伝ってくれるスタッフが出来、そして今年は全部印刷会社にまわします。チョー楽、ブラボー。

よし。

今年も残りわずか、最後まで頑張りませう。

Author B3

 

コンテナの画像をあげてみる。

f:id:b-kyoen:20151207002200j:plain

40フィート冷凍コンテナ。倉庫で貨物を詰めるときの状態。

この先っぽにトラクタヘッドがくっついてコンテナを移動させてくれます。

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.