読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

ワタシノリレキショ 観覧車

B3 いもログ

f:id:b-kyoen:20151110202854j:plain

ベトナム中部ダナンにあるアジアパークというテーマパーク内のドラゴン。

以前、マーライオ〇(げふげふ)、ならぬカープドラゴンの画像をupしましたが、ハン河にはドラゴン橋もかかっている。

f:id:b-kyoen:20151110202852j:plain

ダナンがこんなにドラゴンな街とは正直思っていなかった、、、

(記憶のなかでは牛な街。)

なんでかな。

 

ダナンといえば、以前から仕事の相方に「観覧車が出来てさ」「大きな観覧車が(略=覚えてない)」「観覧車がさ、(略=覚えてない)」と、かねてから観覧車が出来たことだけは聞いていた。

f:id:b-kyoen:20151110202853j:plain

観覧車ってもの自体まったく興味がないので、観覧車が出来たことしか覚えていなかったが、その名であるSun wheel, da nangで検索すると結構ヒットする。

115メートル。

世界でも屈指の高さを誇る大観覧車、バンコクをベースに活躍している世界でも有名なビルさんって建築家が設計した程度の情報しか得ていなかったが、なんでもこれはもともと琵琶湖の近くに設置されていた巨大観覧車「イーゴス108」だという記述を見た(今さっき)。

なんと!!

営業は終了していたものの毎年キチンとメンテナンスをしていたそうで、復活の噂がたびたび囁かれていたらしいが、結果として、琵琶湖からダナンにやってきたらしい。

今一度調べてみると、サンウィールは、ビルさんの(会社の)デザインのもと、ドイツ、日本、タイの技術者らとベトナムの皆さんらによって建設されたとの記載があった。

観覧車なぞまるで興味のない私だが、こういう背景を知らされるとなんとなく胸が熱くなる。

かつては瞳を輝かせた人間がたくさんの笑顔を置いていった。

そして、時は過ぎ、、、いつの間にかキラキラと目を輝かせた人間は来なくなった。それでも荒れた地で生き永らえさせられた。

気付けば解体させられ、これでこの一生も終わりかと思えば、なんと!海を越え、観覧車としての運命の歯車が再びまわりだす。

ダナンの街を一望できる観覧車。

こちらの景色はどうでしょう。

多くの方が興奮気味に語っている様子。ここでまた、たくさんの人を愛し、愛されてくださいな。:゚+( ノ∀`)+゚*

 

最後は(個人的な)ベトナム名物!

f:id:b-kyoen:20151110202851j:plain

 B殿。 

  

author  B3。

愛情出演 B殿。

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.