読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

エリザベート〜ご観劇記②

 

f:id:b-kyoen:20150802112759j:plain

 

さてさて、キャストの感想である。

 

まずタイトルロール、花總エリザ。

これまでずっとヅカの元男役トップにしか配役されなかったのに、ついにきたよ、この方が! 一路さんは良かったけど、その後のキャスティングにいまいち不満を持っていたので、結構満足。

まして、彼女は日本で初めてエリザを演じた人だからねー。

きれいだったねー、ビデオでしか見たことないけどー。

彼女が東宝でタイトルロールを演じることなんてないだろうと思っていただけに、感慨深いものがある。でも、レディ・ベスをやった時点で、これはもしかして…という仄かな期待はあった。そして、どんぴしゃり! 

よって、今回の公演が決まった段階で、彼女のエリザを「見ない」という選択肢はなかった。もうチケ取り、頑張りましたとも!(二階席しか取れなかったけどな)

結果、やはり良かったね。満足。歌に物足りない点はあったけれど、立ち居振る舞いといい、醸し出す雰囲気といい、見応えがありました(二階席で遠くてよく見れなかったけど。涙)。

本音を言えば、ヅカ以外の女優さんでも見たいんだけどねえ。

新妻聖子ちゃんとか笹本玲奈ちゃんとか。

 

次。井上トート。

芳雄ちゃん、遂に念願のトートですか、とキャスト発表になったときに思ったわけだが、不安もあった。何しろ、祐様の印象が強くてね。まだ若くね?みたいな。

でも、うん、悪くなかった。というか、芳雄ちゃんの声って、結構高いイメージ(テノール)があったんだけど、あんな声出せるんだね。ちょっと意外。そこが一番心配だったわけだが。ほら、人間じゃないからさ、キャーキャーした声出すと興ざめじゃない?

まして、これまで祐様とか石丸閣下だったわけだし・・・。

演技はまあまあ。やっぱり若いって感じが否めない。次も登板するだろうから、もっと「人間じゃない」感を出せるよう、期待。

あ、ラストの衣装、ヅカみたいに白くなったけど、これもまあまあ良かった。

 

次。佐藤フランツ。

LE VELVETSの佐藤君ですよ、母上(謎)。

発表時、「ええ!?」って一番驚きだったかも知れない。

嬉しいけど、よくキャスティングされたなって。

歌は文句なく上手いけど、お顔が童顔だし、大丈夫かな、って。

結果、悪くないけど、良くもないといった感じ。

歌はいいですよ。いいんだけど、立ち居振る舞いがまだまだかなって。

特に歩き方。要練習、みたいな。皇帝というより、普通のお兄ちゃんになってたよ。

頑張れ、佐藤君!

次に期待!

そして、くどいが、どうしても言いたい、あの衣装!

頼むから、上がブルー、下が緑のズボンはやめてくれ!

誰だよ、あの配色考えたの!

ヤマト実写版と同じくらいありえんぞ!

皇帝じゃなくて大道芸人になってんぞ!!!

 

次。尾上ルキーニ。

高嶋お兄ちゃんから遂に代替わりのダブルキャスト

本当は育三郎のほうが見たかったんだが、今回は尾上ルキーニである。

うん、悪くない。まだこなれてない感があるけど、続投なら次はもっと進化しているかな。この人、お初で、歌とか大丈夫なの?とか思ってたが、まあ大丈夫だった。

 

次。香寿ゾフィー

好きなんだよね、この人。

だから、「やった!」って思った。

歌上手いし、演技もよいし、安心して見ていられました。

欲を言えば、もう少し怖さがあってもいいかも。これも次に期待!

 

・・・と、ここまでエアコンなしの中で書いて力尽きた。

 

あとは、ルドルフ子役がよかったことと、くどいけど何とかしろよフランツの衣装!ってことで、締めたいと思う。

 

あー、暑い・・・・・!

 

 

 

 

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.