読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bの響宴

リタイヤを迎えた親のための認知症予防プログラム - 「ひとまず家族でブログやります。」(B型一家ほぼ全員参加型企画)

食べる記。

B3 いもログ

日曜日、B殿のごはん用に買った鶏の胸肉を少しもらって鶏のから揚げを作った。

f:id:b-kyoen:20150728205748j:plain

土曜日、下ごしらえの日。

万能だし適量、みりん適量、薄口しょうゆ適量、水適量、和辛子適量、ニンニクひとかけの半分をつぶしたもの、紫蘇の葉を数枚千切ったもの、以上でタレをつくる。

一口サイズに切った鶏の胸肉を適当タレにくわえ、冷蔵庫で約一日放置。

 

さあ食べようという日曜日。

揚げ油を熱している間にビニール袋に薄力粉を適当に入れ、漬け込んだ胸肉を紫蘇ごと投入。全体的に粉が被さるよう軽く揉んでから、揚げる。

 

f:id:b-kyoen:20150728205749j:plain

これまでずっと片栗粉を利用してきたけど、、薄力粉も美味しい。

カリカリに香ばしく仕上がり、紫蘇の風味と相俟って(自分的には)非常によい。

なんでこれまで頑なに片栗粉使ってたんだろうかと謎である |ω・`)?

 

お次は昨日のお昼ごはん。

f:id:b-kyoen:20150728205750j:plain

玉ねぎとパプリカとさやいんげんとひじきとタマゴの炒飯。

味付けは、塩、コショウにベトナム大豆しょうゆのnuoc tuong。使用した油はオリーブオイル。

そして目玉はひじき。

というのも・・・自分は一年ほど前から氷が大好物になり、毎日製氷皿5皿くらいの氷をバリバリと食べていて、それを一日たりとも欠かさない。しかし、つい先日、そういう行為は『氷食症』と呼ばれるものであるらしいということを知った (´・ω・`)汗!?

この『氷食症』の原因として真っ先にあげられるのが鉄欠乏性貧血、鉄欠乏症らしいのだ。

・・・鉄が不足するとなんで氷が食べたくなるのか・・・それについてはそこまで調べてないので不明。というか、メカニズムは解明されてるかな・・・(´・ω・`)

いずれにせよ、異食症のひとつと呼ばれる氷食症。

鉄を欲してフライパン齧る、などということがない分、他の異食症と比較すると深刻度合いは低い方といえるかも(?)しれない。

まあでも自分は昔から「貧血」体質である。健康診断を受けた際には必ず引っかかってきた。かと言ってこれまでは氷が無性に欲しいと思わなかったので、もしかしたら悪化しているのかも、です。

そこで早速、レバーやほうれん草以外の食物で鉄分豊富な食材をググる。見つけたのが「ひじき」だ☆ 

やった・・海藻類、大好きだ💛

ググググしていた結果、乾燥ひじき5グラムで3グラムの鉄分が取れることを知った。

これって確か、ほうれん草の16倍?レバーの6倍?(逆かも)の鉄分含有率らしい。ポパイもびっくりですよ、奥さん。

 

ひじきあったよね、と戸棚をごそごそしたら二袋見つけたので、早速、ひじきのコンソメスープを作り、そして、ひじきの炒飯を作った次第。

ひじきでもっといろいろなごはん作りたい .+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

 

と思った矢先に「ひじきに含まれるヒ素」とかいう見出しを見つけ、一気に凹む。

 

2004年7月に英国食品企画庁が、ひじきはヒ素を含んでいるので食べるなよ、って発表したらしい。

 

そして、厚労省江東区の保健所が調査した記事を読む。

勝手に結論づけるなし!長寿国をなめんなよ!って頑張ってくれたようだ(たぶん)。

で、・・・いろいろ端折って簡単に言うと、乾燥ひじきは水で戻すことによりもともと含まれているヒ素がかなり溶出するらしい。だから、戻し汁は使うなよ。さらに、戻した後に水洗いしよーね、ということらしい。

ひじきだけで鉄分補給しようっていうのはちょっと虫のいい話のようで、ひじきもよし、でも、他の食物もバランスよく食べよーね、ってこと。

なかなか難しいものだ。

海藻類大好きなので、おーし、毎日ひじき食べようって思ってたんだけど。 

・・・ほうれん草も買ってこようかな (´-ω-`)

 

Author B3

f:id:b-kyoen:20150728125907p:plain

 

Copyright © 2015 BBB All Rights Reserved.